「マラリアの体験」2001年5月9日掲載

アフリカの多くの国ではハマダラ蚊という蚊が媒介するマラリアの危険にさらされて暮らすことになるのではないか。
多いのは熱性マラリアで、放置すると死亡することがあるので侮れない。毎日飲む薬、週に一回飲む薬、と二種類配布され、飲んでいた。ハマダラ蚊はどこにでもいるので、完全退治はできない。体力を維持することがいちばんの予防法と教えられた。
そうはいっても酷暑のニジェールでは、夜五・六回シャワーを浴び、それでも眠れないことがある。多くの日本人はしだいに暑さでやせていく。食べてもすぐ消耗し、栄養にならないのだ。
私がマラリアにかかったのは、体力もかなり落ち、それでも帰国数ヶ月前にできるだけのことをしたいとがむしゃらに動いていたころだった。発熱し、病院に行ったが、「鼻炎」と言われて帰された。立っているのもつらかったのに。

>>続きを読む